So-net無料ブログ作成
検索選択

国の不作為責任認める=アスベスト健康被害で初―大阪・泉南地域の29人勝訴・地裁(時事通信)

 アスベスト(石綿)による健康被害を受けたのは、危険性を知りながら規制権限を行使しなかった国に責任があるとして、大阪府南部の泉南地域にあった工場の元労働者や周辺住民ら29人が国に計9億4600万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が19日、大阪地裁であり、小西義博裁判長は国の不作為責任を認め、賠償を命じた。
 アスベスト被害をめぐる訴訟で、国の無策を認定したのは初めて。現行の石綿健康被害救済法は対象が限られており、今後の見直し作業に影響を与えそうだ。
 泉南地域には明治末にアスベスト紡織工場ができ、戦後も中小・零細業者が集積。原告は、アスベストが大量に舞う工場で働き、石綿肺や肺がんを患った元労働者ら。工場隣接地に住み、アスベストを浴びて石綿肺を患った人や遺族もいる。 

21年自殺統計 過酷な労働環境 若者圧迫(産経新聞)
理解得られる解決策探る=和解協議入りでコメント―長妻厚労相(時事通信)
10億円以上着服か 近鉄子会社元社員聴取へ 大阪地検(産経新聞)
【金も場所もないけど服がほしい】宮本あや子(13)男性店員(産経新聞)
元公認会計士を逮捕=30億円横領容疑―警視庁(時事通信)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。