So-net無料ブログ作成

小林陣営の選挙違反事件 労組丸抱えの運動(産経新聞)

 札幌高裁で1日開かれた小林千代美・民主党衆院議員陣営の選挙違反事件の控訴審判決。「組合活動で裏金として蓄えられた資金の力を利用して…」。こう指摘した1審判決を全面的に支持し、小林氏に連座制が適用される量刑を維持した。組織的、常習的、罪証隠滅…。判決からは改めて労組丸抱えの違法な選挙運動が浮かんだ。

 スーツ姿で法廷に現れた連合北海道札幌地区連合会元会長、山本広和被告(61)は、傍聴席に視線を移すことなく被告人席に立ち、小川育央裁判長をじっと見つめて判決に耳を傾けた。

 控訴審でも最大の争点となった衆院選公示前の電話かけについて、小川裁判長は弁護側の「後援会活動」との主張を一(いつ)蹴(しゆう)、選挙運動と認定した。その後、1審判決の評価を次々と是認していく。

 1審判決では、運動員35人に報酬支払いを約束したことを「組織的な犯行」と指摘。その額は計261万円に上り、「組合活動で裏金として蓄えられた資金の力を利用して、(買収約束を)大規模に行った」と悪質性を強調した。

 さらに、平成15年ごろから同様の違法行為を繰り返していたとして「常習的な犯行」とも指摘。昨年8月の衆院選後に捜査の手が伸びてきたことを察知し、運動員らに口止めしたことについては「罪証隠滅行為に及んでおり、犯行後の情状も悪い」とした。

 公判終了後、弁護人は報道陣に「こちら側の主張が全く認められていない」と上告する意向を示した。しかし、山本被告は無言のままタクシーに乗り込み、何も真相が語られなかった。

 小林氏陣営をめぐっては、北海道教職員組合(北教組)から総額1600万円の違法献金を受けたとして、陣営の元経理担当で自治労北海道財政局長と北教組委員長代理、団体としての北教組が政治資金規正法違反罪に問われ、月内に判決が言い渡される。

 小林氏は「司法の判断を尊重する」としており、元経理担当者らが有罪となった場合の議員辞職を示唆している。(大竹直樹)

【関連記事】
民主・小林千代美氏陣営の選挙違反、控訴審も有罪
与党180議員の署名提出 将来の国外・県外移設明記の政府方針求め
北教組事件 長田被告初公判 うそで塗り固めた「聖職者」
民主・小林千代美氏、北教組事件で議員辞職へ
北教組違法献金事件 「民主的教育」 でもその前に 原資解明されず
「はやぶさ」帰還へ

海自隊員、ガーターベルト盗む=洗濯機から―神奈川県警(時事通信)
被害総額は21億円か 未公開株代金詐取容疑で7人再逮捕(産経新聞)
野口さん、2日に帰還=半年滞在、ソユーズ宇宙船で(時事通信)
景気の「谷」は昨年3月=戦後最大級の落ち込み―内閣府(時事通信)
「みんなで食べよう宮崎の牛」=ライバル産地が応援―生産者経営の焼き肉店・鳥取(時事通信)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。